うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある

小学生にも広がる疾患

授業

きっかけを追究する

小学生鬱病が増加をしています。学校に問題がある場合も考えられますが、中学受験をしなければいけないなどのプレッシャーが原因となる場合もあります。個人によって原因も異なってくるので、原因をしっかりと追究して対応をしていくことが必要になってきます。近年、小学生鬱病の原因となっているのが、学校で起きる事件です。通っている学校に限らず、世間を騒がせるような事件が小学校で起こることが増えており、その事件がきっかけとなって鬱病を発症する子どももいます。学校でも事件が原因となっているのであれば、スクールカウンセラーを設置するなど対応をすることがあります。小学生鬱病に罹患をしている児童が少数であれば、スクールカウンセラーを配置することはないかもしれません。それでも学校で起きる事件がきっかけの場合、何もしないわけにはいきません。学校側で対応をしないのであれば、家族が心療内科を受診させるなどの対応が必要になってくるでしょう。小学生の時に受けた心の傷は大人になっても残ってしまいます。

小学生鬱病というのが増加をしていますが、少し前までは信じられないと言われていました。罹患をしている児童はいたかもしれませんが、少数だったと言えるでしょう。自分が通っている学校でPDSDが発症するような事件、事故が起きた場合には心に傷を負ってしまいます。それがきっかけで小学生鬱病を発症することもあります。昔は世間を騒がせるような事件が学校で起きてしまうということは考えにくかったですが、最近では学校が事件や事故の現場になってしまうことが多くなりました。時間が解決をしてくれる場合もありますが、児童1人1人の心の状態には個人差があります。スクールカウンセラーが対応をすることによって症状も解消をさせることができるでしょう。学校以外でも家庭で問題が起きていることもあります。その場合でも出来るだけ早期に心療内科を受診させて、対応をすることが重要です。いじめが原因で鬱病になってしまうこともあるので、学校側もいじめなどのトラブルに気付いたのであれば早期に対応をすることが必要です。

Copyright© 2019 うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある All Rights Reserved.