うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある

様々なストレスが要因です

男女

家庭不和やいじめなども発症の原因になる

鬱病は大人が罹るイメージがありますが、最近は低年齢化しており、小学生鬱病に罹るお子様が増加しています。意欲や気力が減退して、成績が下がったり、だるそうにしている、イライラして怒りっぽいなどの変化が見られます。学校の行事や学業などが大変だと感じていたり、友人との交友関係、ペットの死、引越しなども小学生鬱病の要因になります。気になる症状が長引いている場合は、心療内科や精神科を受診させることが大事です。お子様の場合は大人に比べると、症状が軽い傾向があります。小学生鬱病は放置をしておくと、症状が悪化してしまい、不登校などの原因になってしまいます。早い段階で症状に気付くことで回復を速めることが出来ます。現代は共働きのご家庭が増えているので、親御さんも忙しいですが、なるべく話を聞いてあげることが大事です。精神科や心療内科のクリニックでは、カウンセリングなどの精神療法が中心になります。親御さんが付き添って、本人が気付いていない症状を伝えることで、病気の診断が付きやすいです。

小学生鬱病に罹ると、朝が起きられなくなったり、摂食障害などが見られることがあります。以前に比べると、食欲がないと感じていたり、朝は憂鬱そうにしている場合は、鬱病の可能性があります。小学生鬱病はいじめなどの深刻な要因もありますが、環境の変化や家庭不和なども発症の原因になります。精神科や心療内科のクリニックでは、いじめなどの深刻なケースの場合は、一時的に休学を勧めることもあります。基本的にはカウンセリングが中心になりますが、体に負担の少ない内服薬を処方することもあります。引越しを経験して、転校をすると、新しい学校になじめなかったり、友人が出来ないので悩んでいるお子様もあります。小学生鬱病は誰でも罹る可能性があるので、親御さんはお子様の変化を見逃さないことが大事です。小学生は大人とは違って、自分の症状や辛さを言葉や態度で表すのは苦手です。涙もろくなったり、家族ともあまり話をしたがらない時は要注意です。適切な治療を受けることで、症状が改善することが多いです。

Copyright© 2019 うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある All Rights Reserved.