うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある

今までない子供の病気

悩む子供

依存症から繋がる

この10年の間にインターネットの普及によって、パソコンやスマートフォンなどの通信機器が日常で使われることが多くあります。特に小学生でも今ではパソコンを扱うことができますし、高学年では自分のスマートフォンを持っている子供すらいる時代です。しかし、懸念されることには電子脳になっていることからコミュニケーションが不足してしまい、ネットゲームを長時間することで健康や自立への道が遅れることも考えられています。そして怖いのは依存性がでてきてしまうと、ネットゲームなど自分からやめることができなくなり、注意をしても親の目を盗んでやるようになってしまいます。そこから自制心が効かなくなり大人になっていく過程において、精神的な疾患でもある小学生鬱病に発展してしまうことも少なくありません。小学生鬱病とは健康だと感じるような子供でも、生活上の問題がおきるようになると気分の起伏が激しくなり不登校に繋がってしまいます。そうならないように利用時間を制限するとか、保護者の方が注意を怠らないようにすることで小学生鬱病などに伸展しないようにすることです。

もし小学生鬱病にかかってしまった場合には、すぐに専門の病院へいき時間をかけて治療を進めていくのがベストです。日常生活を見ていて、軽症の場合にはカウンセリングを中心におこないますので、生活上の問題が少ない場合は基本的な生活態度など見直しを含めてやっていくことで解消できます。この場合の費用も保険が効いて初期対応だけですむので、その後にはお金がかかることが少ないといえます。症状が進んでいる場合には、認知行動療法などの専門的な治療を受けることで本質的な改善することができます。重症の場合には入院治療も考えられますので、生活の中で他人に暴力を振るったり人に迷惑をかけてしまう人は入院治療になります。症状が進んでいる場合や重症の場合には費用が高くなりますが、それでも保険内ですませることができます。心療内科では小学生鬱病の場合は薬物療法を使わないため評判がいいことや、カウンセリングや認知行動療法で対応をすることで、自覚が芽生えて治療を進めることが容易です。

Copyright© 2019 うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある All Rights Reserved.