うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある

心に優しい対処法

男の子 学校内だけでなく家庭内の問題が原因で小学生鬱病を発症する子供も増えており、親御さんも同時に治療を始める場合もあります。治療薬を使わずに病気を克服できた例も多いので、子供の肉体に負担をかけずに治療を進めたい時にもクリニックを頼ってください。

詳しく見る

子供の心を支える方法

先生と子供 子供たちの不安も解消しながらサポートを続けるのが、小学生鬱病を早期に完治させる方法です。ホルモンバランスの乱れなども改善して子供の成長を支援するために、クリニックで小学生鬱病の治療を始める事をおすすめします。

詳しく見る

様々なストレスが要因です

男女 小学生鬱病は、引越しなどで環境が変化したり、学校の人間関係、ペットの死、家庭不和などが原因で発症します。鬱病は大人が罹るイメージがありますが、低年齢化しているので、小学生も罹る可能性があります。適切な治療を受けることで、回復しやすいです。

詳しく見る

小学生にも広がる疾患

授業 小学生鬱病には様々な要因があります。学校で起きる事件や事故が引き金になることもあります。いじめが原因になってしまうことがあります。症状が悪化をする前にしっかりと対応をしていくことも考える必要があります。

詳しく見る

今までない子供の病気

悩む子供 現代ではネットゲームの依存によって、今までにない小学生鬱病を発症してしまうことも珍しいことではなくなりました。費用は重症度によって変ってきますが、薬物療法ではなくカウンセリングを中心にやっていくので安心できます。

詳しく見る

思春期のこころの病気

授業

クリニックを選ぶ際のコツ

患者数は何年右肩上がり、老若男女問わず誰にでもかかるリスクがあるうつ病。そうは言っても仕事や育児に追われる大人がかかるイメージを持たれがちでしたが、最近はより若年層もうつに悩まされています。小学生鬱病もその一つです。スマホ社会になり、今や小学生もスマホを使いこなす時代です。塾や習い事など学校以外での活動も多く、昔よりも今の子供達の社会は広く、生活において様々な困難やストレスを抱えているのです。小学生鬱病の治療には、大人と同じように精神科を受診する必要があります。大人と同じ病院で診て貰える場合もありますし、通常の小児科でも良い場合もあります。また、最近は小児専門の心療内科もありますので、その地域での治療可能なクリニックを探す必要があります。インターネットや口コミでクリニックを探すのが難しい場合は、かかりつけの小児科などで治療可能なクリニックを紹介して貰うという方法があります。紹介の有無に関わらず、受診する病院が決まった場合は予約の要否や診療時間など予め電話相談をしておくとスムーズです。

小学生鬱病には大人の鬱とは少し違った注意点がいくつかあります。まず第一に発見が遅れるリスクです。幼少期は自身の不調を上手に言葉にするスキルがまだ未熟です。親や学校の先生など、周りの大人にSOSを発信するのが早期発見のカギですが、いち早くそのように動ける子供はそう多くないのです。また、その発見すべき大人からすると、小学生という思春期特有の成長過程の一つと捉えてしまいがちで、どうしても小学生鬱病は発見が遅れる傾向にあります。もう一つは治療方法です。大人の鬱は精神科や心療内科が基本なのは誰でも知っています。しかし小学生の場合はどこに行けば良いのだろうと迷ってしまうでしょう。小学生であっても大人と同じ精神科で良いのです。最近では発達外来などと併せて小児の心療内科を標榜するクリニックも多くなって来ました。しかし、真っ先に鬱を疑って精神科にかかる人より、まずは何の疾患か分からず小児科を受診する人が多いようです。その場合はかかりつけの小児科医へ、地域の適切なクリニックへ紹介して貰えるよう相談すると良いでしょう。

Copyright© 2019 うつは老若男女問わず誰にでもかかるリスクがある All Rights Reserved.